和光堂のベビーフードに異物混入?回収商品は賞味期限で確認!

スポンサーリンク
ニュース

和光堂のベビーフードに異物が混入していたことがわかりSNSなどで話題になっています。

今回は『和光堂のベビーフードに異物混入?回収商品は賞味期限で確認!』ということで、和光堂のベビーフードの異物混入についてご紹介します。

 

スポンサーリンク

和光堂のごろごろ肉じゃがにコオロギが混入

2015年1月6日、和光堂のベビーフード「ゴロゴロ肉じゃが」にコオロギが混入。

商品を購入した女性によりますと、先月、宇都宮市内のスーパーで購入した和光堂の「ごろごろ肉じゃが」を2歳の長女に食べさせようとした際、虫が混入していることに気が付いたということです。

商品を購入した女性:「スプーンでつついていたら足がポロっと取れて、よく見たらコオロギのような昆虫でした」

問題となったのは12月20日に販売された離乳食。和光堂は女性に謝罪し商品を買い取ったが、一連の経緯について公表はしていなかった。

 

さらに同月9日、新たに別のベビーフードに虫が混入していたことが報じられました。

今回虫の混入があったのは『グーグーキッチン 五目中華どん』。

混入していたのは、ナトビハムシということです。

混入した虫は原料の白菜に付着していたものと報告されています。

 

この後、コオロギが混入していた和光堂のベビーフード「ゴロゴロ肉じゃが」については自主回収を発表されています。

ナトビハムシが混入していた『グーグーキッチン 五目中華どん』については回収なしと発表されています。

虫自体に毒性がないことや同様の事例がほかに報告されていないことなどから被害の拡大はないと判断。

さらに、原料処理時の洗浄の強化、選別の徹底などを実施し、原料および製造工場での防虫対策と異物混入防止対策の強化をしていることから、同件については商品の回収は行わないとした。

スポンサーリンク

和光堂のベビーランチの青色のポリエチレン樹脂片混入

2016年8月29日、和光堂「栄養マルシェ」の2商品「鶏とおさかなのベビーランチ」と「和野菜のベビーランチ」6万個を自主回収。

同日に製造されたものということで、賞味期限が17年12月10日のものを回収するということです。

購入した客から8月3日、異物混入の指摘があった。社内で調査したところ、2商品の中に入っている鶏のおかゆに、青色のポリエチレン樹脂片が二つ混入していた。長さはそれぞれ4センチと2センチだった。

商品は委託先の岡山県内の工場で生産。製造設備にポリエチレン樹脂は使っておらず、混入原因は特定できていない。

 

私も和光堂さんのベビーフードを利用したことがあるので、こういったニュースをみるとゾッとしてしまいます。

虫の混入が立て続けに起きているのも気になります。

お手元に対象商品がある方は一度賞味期限を確認してみてください。

スポンサーリンク

SNSでの異物混入ツイート

他にも異物が混入していたと投稿されている方が多数いらっしゃいました。

 

 

スポンサーリンク
ニュース
スポンサーリンク
haruをフォローする
スポンサーリンク
キニナルを調査中!/コソダテの神様

コメント