ドラえもん第一話が6話もある理由と内容は?50周年記念0巻発売が話題!

きになること

ドラえもん50周年ということで、23年ぶりに藤子・F・不二雄「ドラえもん」第0巻が、12月1日に発売されることが話題になっています。

今回23年ぶりの新刊はドラえもん0巻ということで、幻の第一話伝説の予告ページが収録されているようです。

ドラえもんには幻の話がたくさんありますが、第一話が6つもあるとは知りませんでした。

さて、第一話が6話もあるドラえもん、なぜ6話もあるのしょうか。
理由が気になったので調べてみました。

今回は『ドラえもん第一話が6話もある理由と内容は?50周年記念0巻発売が話題!』ということで、ドラえもんの幻の第一話が6話ある理由、またその6話の内容について調べました。

 

スポンサーリンク

ドラえもん0巻12月1日(11月27日)発売!値段は?

ドラえもん0巻発売日は?

ドラえもん50周年記念で幻の第一話や伝説の予告ページが収録された『ドラえもん0巻』が12月1日に小学館より発売されることがわかりました。

首都圏では11月27日に発売されるようです。

ドラえもん0巻の値段は?

ドラえもん0巻の値段は税別700円

ドラえもんには幻の第一話が6つも存在しているようで、今回発売される0巻の内容がとても気になりますね!

スポンサーリンク

なぜドラえもんに第一話が6話も?その理由とは?

今回初めて知ったのですが、ドラえもんには6つの第1話があるということで、びっくり^^;

気になったので調べてみました。

ドラえもんは実は、6誌同時に連載がスタートした漫画だったようです。

小学1~4年生向けの学年誌、幼児向けの「よいこ」「幼稚園」の計6誌。

この同時連載により、それぞれに合わせた第一話が描かれたということです。

6誌同時連載もすごいですが、それぞれの読者の年齢に合わせて登場人物のセリフやテーマ、キャラクターの身長などが描き分けられたということがさらにすごいですね!

国民的なアニメになったのも納得です。

スポンサーリンク

ドラえもん0巻の内容と伝説の予告ページとは?

ドラえもん0巻の内容とは?

今回ドラえもん50周年記念で発売されることが分かった0巻の内容は、幻の第一話「ドラえもん誕生」、伝説の予告ページ、さらにドラえもんの連載が開始された当時の背景を解説する記事なども収録されているということです。

伝説の予告ページとは?

伝説の予告ページも収録とありますが、伝説の予告ページ・・・どんなページなのでしょうか。
こちらも気になったので調べてみました。

当時のまま収録された伝説の予告ページとは、連載開始号の前号に掲載される予告ページにことのようですが、締切までに翌号のアイデアが出ず、描けなかった不二子さんが、主人公の姿を描かずに「出た!」という吹き出しのみで告知したページのことだということです。

ドラえもんは50周年ということで、今後も小学館からは、「ドラえもん」50周年を記念した書籍、単行本が順次刊行されていく予定だということで楽しみです!

コメント