のはなはるか先生のネコピックが可愛い!10かいだてのおひめさまのおしろ絵本作家

スポンサーリンク
きになること

絵本作家の、のはなはるか先生のネコピックがかわいいとSNSで話題になっています。

コピックで描かれた、ふんわりしたタッチの17匹のネコちゃんたちの姿がなんともかわいらしくて癒されます♪

今回は『のはなはるか先生のネコピックが可愛い!10かいだてのおひめさまのおしろ絵本作家』ということで、絵本作家のはなはるか先生が描いた可愛いネコピックの画像とのはな先生の絵本をご紹介します。

スポンサーリンク

のはなはるか先生のネコピック画像

ふわふわしたタッチのネコピック、可愛いくて癒されますね^^

SNSでは何番が可愛いです!のコメントがたくさん寄せられていました♪

のはなはるか先生はコピックという画材を使って描かれているのですが、色味も柔らかくてとても素敵です。

 

 

のはなはるか先生は、たくさんのひつじが出てくる絵本を描かれているのですが、今回描かれたネコピックの絵本、描いて欲しいですね♪

もし出版されたら自分に買いたいと思います(´艸`)

スポンサーリンク

10かいだてのおひめさまのおしろ

のはなはるか先生といえば、2019年9月に発売された『10かいだてのおひめさまのおしろ』、とてもかわいい絵本ですね!女の子がいればこんなかわいい絵本読んであげたかった~。

中身を少し公開してくれています♪

スポンサーリンク

のはなはるか先生の作品

10かいだてのおひめさまのおしろ

ある静かな夜のこと。女の子がまばゆい光で目をさますと、まくらのよこに見たことのない手紙がおかれていました。それはお城からの招待状! ティアラのマークが輝くと、女の子は、いつのまにか10階だてのお城の前に…。「ようこそ。おひめさまに なる じゅんびを はじめましょう!」テディベアの案内でお城に入ると、まず1階で、いいにおいのするお風呂へ入って、ピカピカに。2階では、たくさんのドレスが並んでいます。「おすきな ドレスを えらんでください」おほしさまのドレス、リボンのドレス、ほうせきのドレス……、どれを選ぶ?3階でくつ、4階ではヘアスタイル、5階ではドレスに合うバッグ、ハンカチも忘れずに!おひめさまになるためには、マナーやご挨拶だって大切です。それぞれの階にいる動物たちが、必要なことを、ひとつずつ教えてくれます。階が上がるごとに、どんどん一人前のおひめさまに近づいていく女の子。さあ、最上階ではどんなことが待っているのでしょうか?

パステルカラーで描かれたかわいらしいお洋服や靴。
おしゃれやマナーが学べるだけじゃなく、見ているだけでも楽しめる絵本になっています^^

 

うさぎマンション

うさぎマンションは、おくじょうつきの5階だて。24戸の部屋に、いろんなうさぎが暮らしています。
学者、手品師、画家、たんてい、パン屋にケーキ屋、魔法使い……!?
あるひ、5ひきのこうさぎがいる、あたらしい家族が、うさぎマンションにひっこしてきました。
あたらしい家族がお部屋づくりをすすめるなか、他のへやでは朝ごはんをたべたり、うとうとしたり、
なにやら作ったり、練習したり……。
1日のおわりにはじまったのは、新しいうさぎ家族の、ひっこしお祝いパーティ!

 

たくさんのたくさんのたくさんのひつじ

「ここにいるのは、たくさんの たくさんの たくさんのひつじ。」と始まるこの絵本。そのとおり、絵本の画面は、小さい可愛いひつじでびっしり埋め尽くされています。綿毛を追って、囲いを飛び出したひつじたちが大移動。野原へ、森へ、空へ・・。ページをめくってもめくっても、ひつじ、ひつじ、ひつじ。それはもう、壮観なのです。絵本に描かれているひつじの数はなんと8000匹だそう!よくみるといろんな個性のひつじが、それぞれいろんな行動をしています。あっ、たいこをたたいてるひつじ!すもうをとってる!寝ちゃってるひつじがいる!なんて、探して見ているだけでも楽しいのですが、その中に、「よくいるひつじたち」が、まぎれています。

 

ペンギンクルーズ

ペンギンクルーズは、ペンギンたちのあこがれの旅。
ダンスフロアに映画館、プールまである大きな船「オセアノ・ペンギーノごう」に乗って、
55羽のペンギンたちが、南の島へのクルーズのたびにでかけます。
レストランでの食事に、楽しいショー、メメカメじまへの寄港、ダンスパーティー・・・船での一日はあっというま。
南の島でおもいおもいにすごしたあと、島の夜にまっていた特別な出来事とは・・・。
船の断面図が画面いっぱいにひろがり、ページをめくるごとに時間がうつりかわっていく展開は、みごたえ満点。観音開きページや、さがしえクイズも楽しめます。
55羽の個性ゆたかなペンギンたちの旅の物語が、ぎゅっと凝縮された、何度読んでも発見がある絵本です。

 

コメント