自由の森なるかわで格安キャンプとバーベキュー!カブトムシ捕りも!

スポンサーリンク
きになること

自由の森なるかわは、キャンプ施設を探していてみつけました。
子供たちがバーベキューがしたい!と言い出したので、せっかくならキャンプで1泊と思い、遊びに行くことなりました^^

スポンサーリンク

自由の森なるかわの基本情報

自由の森なるかわは生駒山なるかわ園地内にある東大阪市立野外活動センターです。
自由の森なるかわには、キャンプ場、バーベキュー施設、体験施設、スポーツやバンガローやテントの宿泊施設があります。

営業時間9時から17時45分
定休日火曜日、7月と8月は無休です。

信貴生駒スカイラインから車で25分、信貴生駒スカイラインが有料なのがネックですが、そこを差し引いてもプラスになるほど宿泊料金がリーズナブルです!

駐車場が無料で利用できるのもおすすめポイントです!

チェックインは15時、チェックアウトは14時なのでゆっくりできます。

スポンサーリンク

自由の森なるかわの遊び場

自由の森なるかわには子供が遊べるアスレチックや体験プログラム、スポーツプログラムがあります。

体験プログラムでは、木の板にペイントをする焼き板や木工ストラップ、ペンダントなどがあり、スタッフの方が丁寧に指導してくれるので、子供でも安心です♪

所要時間は2時間、500円で作ることができます。
家族旅行の素敵な思い出を形にして残せるのでおすすめです!
我が家の子供達もスタッフの方の指導を受け、楽しんで作ることが出来ました^^

スポーツプログラムではアーチェリーやディスクゴルフを楽しむことができます。
的までの距離も短く、初心者向けになります。
本格的なアーチェリーなので、子供はもちろん、大人の方も楽しめると思います♪
所要時間は60分、300円で体験できます。

ディスクゴルフはディスクを使ったスポーツで、ルールはゴルフ。
所要時間は1時間半、100円で楽しむことができます。

他にはハイキングコースもおすすめです。
鐘の鳴る展望台往復コースでは、展望台からの最高の景色を楽しむことができます。
子供たちにはいまいちだったようですが、私と主人はとても楽しめました^^

スポンサーリンク

自由の森なるかわでカブトムシ捕り!

生駒山なるかわ園地内にはクヌギの木がたくさんあって、夏はカブトムシやクワガタ捕りもおすすめです!

昼間に樹液の出ている木をチェックしておいて、朝方や夜に探しに行くと、見つかることがあるので、子供達も大満足なキャンプになると思います!

懐中電灯で照らすと集まってくることもあるので、カブトムシ捕りの時は懐中電灯を持っていくことをおすすめします。

スポンサーリンク

自由の森なるかわの宿泊施設

自由の森なるかわの宿泊施設にはバンガローとテントがあります。

バンガローは6人用と12人用、6人用は、1棟1泊4800円!安い!
洋室タイプ、和室タイプ、バリアフリーの洋室タイプがあります。
12人用は1棟1泊9600円。

バンガロー内にはキッチン、トイレ、シャワー、冷蔵庫、IH、炊飯器、ポットや電子レンジ、調理器具もあり、すぐに調理可能です♪
お皿やコップ、スプーン、フォークなども用意されています。

エアコンは1時間100円、ファンヒーターは1缶300円で利用できます。
バンガロー代の他にシーツ代が1人200円かかります。

バーベキューをする場合はバーベキュースペース利用になります。
野外炊事代1人100円と、バーベキュー用のテーブル利用料が1000円で利用できます。
宿泊の方は17時から21時まで利用可能です。

テント泊は7〜9人用のテントで3200円です。
有料で寝具の貸し出しもあります。
その他に家の形をした常設テントもあります。
10人用で4000円、窓が付いていて換気もできます。

今回は6人用のバンガローを利用しました。
お部屋やトイレの掃除も行き届いていて、清潔感があり、安心して利用することができました!

スポンサーリンク

自由の森なるかわのおすすめポイント!

自由の森なるかわのおすすめポイントはキャンプ、バーベキューに体験プログラム、リーズナブルな宿泊料金となんと言っても景色です!
大阪が一望できる景色は、日中はもちろん、夜景も最高です!

我が家が遊びに行った日はとてもお天気が良くて、素敵な夜景を楽しむことができました!

子供達との初めてのキャンプ、そうとう疲れるのを予想していましたが、自然がいっぱいで癒されて、リフレッシュすることができました♪

子供たちは帰りの車の中でまた行きたい!を連呼していたので、来年も絶対に遊びに行きたいと思います。

スポンサーリンク
きになること
スポンサーリンク
haruをフォローする
スポンサーリンク
キニナルを調査中!/コソダテの神様

コメント