槇原敬之をリークした社長奥村秀一はマッキーの彼氏?覚せい剤取締役法違反で2度目の逮捕

スポンサーリンク
ニュース

13日の夕方、歌手の槇原敬之(マッキー)さんが2度目となる「覚せい剤取締役法違反」で警視庁に逮捕されたというニュースが飛び込んできました。

1999年の1度目の逮捕の際ともに逮捕されたのが槇原さんの個人事務所元社長の奥村秀一さん。

槇原さんは「覚せい剤取締役法違反」での2度目の逮捕となりましたが、今回の逮捕にも奥村さんが関わっているということです。

2006年に槇原敬之さんの個人事務所の社長に就任した奥村秀一さん、二人は同棲していたとも言われていますが槇原敬之さんの彼氏なのでしょうか。

今回は『槇原敬之をリークした社長奥村秀一はマッキーの彼氏?2度目も2人揃って逮捕に』ということで、槇原敬之さん(マッキー)が覚せい剤取締役法違反で2度目の逮捕となりましたが、1度目と同じく同時に逮捕された社長の奥村秀一さんとの関係や逮捕歴についてまとめます。

スポンサーリンク

槇原敬之が覚せい剤取締法違反の疑いで2度目の逮捕、リークしたのは誰?

今回槇原敬之(マッキー)さんが逮捕されたのは2年前の覚せい剤所持容疑ということ。

2年前に槇原さんの元事務所社長の奥村秀一さんが「覚せい剤取締役法違反」で逮捕された際に捜査員から誰の覚せい剤か聞かれた奥村さんが『それはマッキーの』と答えたことから慎重に捜査が行われたということです。

リークと言えるのかはわかりませんが、2018年3月に「覚せい剤取締役法違反」で逮捕された奥村さんの証言により捜査が行われたというのは事実のようですね。

スポンサーリンク

槇原敬之(マッキー)と奥村秀一の関係は?

 

槇原容疑者の突然の逮捕の経緯について、新たな情報が入ってきました。捜査関係者によりますと、おととし3月、槇原容疑者の個人事務所の元社長の男性が東京・港区のマンションで覚醒剤を使用した疑いで逮捕されましたが、その際の捜索で、この男性が捜査員からこの覚醒剤は誰のものかと問われた際に「それはマッキーの」と答えたということです。その場には槇原容疑者はいなかったほか、槇原容疑者に対する尿検査などは行われませんでした。警視庁は、押収した覚醒剤が誰のものかを調べるため、13日まで慎重に捜査を重ねて逮捕に至ったということです。

槇原敬之と奥村秀一の関係

奥村さんは過去に新宿2丁目のゲイバーで働いていたということですが、その時期に槇原さんと出会い、その後同棲されていたようです。

「昨年3月に、覚醒剤所持で逮捕された大蔵省元課長補佐が“シャブ仲間”と知り合ったのは、ゲイ専門の伝言ダイヤルでした。槇原クラスの有名人になると、人目をはばかって、新宿二丁目に出入りするわけにもいかず、伝言ダイヤルを使って相手を探していたようです。

 

その後、2006年に槇原敬之さんの個人事務所の社長として奥村さんが就任されたということです。

今回の槇原敬之さんの逮捕容疑は2年前の覚せい剤所持ということですが、捜索当時、港区のマンションに槇原さんはいなかったようです。

2018年に奥村さんが「覚せい剤取締役法違反」で逮捕された時はすでに事務所社長を解雇された後だったようで、二人の関係も解消されたと言われていました。

現在、槇原さんと奥村さんの関係についてはわかっていません。

奥村秀一の顔画像

こちらが槇原さんの個人事務所元社長の奥村秀一さん。

「がっちり、むっちり、ぽっちゃり系が、マッキー(模原の愛称)の好みなのよ」

 

奥村さんはマッキーの好みのタイプだったようですね。

 

「源氏名は桃山金太郎、後では遠山金太郎と名乗ってたわ。性転換はしていなくて、もっぱら道化で、座を盛り上げる役。素顔は宍戸開に似てて、スリーサイズは、上から 100・100・100。ウチに勤め始めた18歳くらいの頃から、『好みのタイプは、断然マッキー』と言ってた。 音大の附属高校で作曲の勉強をしていたけど、途中でやめてしまった、と言っていたから、ミュージシャンとしても、(槇原を)すごく尊敬してたみたい」(元同僚)

 

元々奥村さんも槇原さんのファンだったようですが、2人が知り合った当時は奥村さんに彼氏がいたことから、すぐに交際に発展することはなかったようです。

スポンサーリンク

奥村秀一は何度目の逮捕?

槇原さんの個人事務所元社長、奥村秀一さんの覚せい剤での逮捕歴について調べました。

奥村さんの逮捕歴は、1999年に槇原さんと共に逮捕されたのが1度目、2度目は2018年3月でした。

2度目の逮捕時も槇原敬之さんの覚せい剤所持が疑われたようですが、逮捕されたのは奥村秀一さん1人だったということです。

当時は槇原さんの尿検査などもなく、もちろん逮捕もされていません。

警視庁はこの2年前の覚せい剤について慎重に捜査していたということです。

押収した覚せい剤が誰のものかを調べるためきょうまで慎重に捜査を重ねてきた。その結果、関係者への聞き取りなどから、覚せい剤が槇原容疑者のものだった疑いが強まったとして、きょう逮捕に至ったということだ。

 

また2006年に槇原さんの個人事務所社長に就任した奥村さんは、2018年の逮捕直前の4日前に解雇されています。

奥村さんは当時の解雇について納得がいかず覚せい剤に逃げたとコメントされています。

突然解任され、納得がいかない部分があった。どうしていいかわからず、覚せい剤に逃げてしまった。 引用:https://www.excite.co.jp/

 

この2018年の奥村さんの解雇は、奥村さんの覚せい剤使用が疑われたからだと言われています。

奥村さんの言動、行動などから再び覚せい剤に手を染めてしまったのではないかということで話し合いの場が設けられ解雇となったそうです。

 

「奥村被告のカネ遣いの荒さや、仕事のルーズさに周囲が怪しんだのです。『もしかしたらまた薬物をやっているのではないか』と。槇原本人とスタッフが奥村と話し合いの場を持とうとしても、奥村が約束の時間に姿を見せない。事務所の社長という立場でそれは許されない。同時期にプライベートでの関係も悪くなり、同棲を解消しました」(レコード会社関係者)

 

しかし今回の槇原さんの逮捕によって、2018年の4月時点で書覚せい剤を所持していた事が疑われています。

これが事実だとすると奥村さんの社長解雇は一体なんの為だったのでしょうか。

スポンサーリンク

「槇原敬之をリークした社長奥村秀一はマッキーの彼氏?覚せい剤取締役法違反で2度目の逮捕」まとめ

今回槇原さんの逮捕に至ったのが、2年前に「覚せい剤取締役法違反」で逮捕された奥村さんの「これはマッキーの」というリークだということになりますが、逮捕されたということは槇原さんが再び覚せい剤に手を染めてしまったということになるのでしょうか。

尿検査にも応じていると報道されていますが、今後の動向が気になるところです。

現在のお二人の関係についてはわかりませんでしたが、2年前に事務所社長を解雇されるまでは公私ともに良いパートナーだったということでした。

こういった報道を目にする度に、覚せい剤は1度手を染めてしまうと抜け出せなくなる恐ろしいものなのだと改めて感じます。

 

コメント