海遊館は夏の暑い時期にもおすすめ!子供も大人も楽しめる水族館

スポンサーリンク
きになること

子供たちは楽しめて、大人はあまり疲れずに楽しめる涼しいところに遊びに行こう!ということで、私も子供達も大好きな海遊館に行ってきました

もう何度行ったのかわからないほど遊びに行っている海遊館ですが、子供達も私も全く飽きません。

上の子がまだ小さかった頃は速足でどんどん進むので一瞬で終わっていましたが、最近は興味が出てきたのかじっくり観察するようになりました。

魚が泳いでいるのを見ているだけで何とも癒されます。

スポンサーリンク

海遊館へのアクセス 駐車場情報

海遊館は、大阪府大阪市港区海岸通一丁目にある世界最大級の水族館です。
車では阪神高速湾岸線、大阪港線の天保山出口からすぐです。
1300台の大型駐車場もあり、ベビーカーや雨天時にも便利です。

平日は30分200円、最大料金1200円
土日祝日は30分250円最大料金2000円

わが家はいつも車で遊びに行ってます。

電車では大阪メトロ中央線、大阪港駅1番出口から徒歩5分。
バスでは大阪シティバス、天保山ハーバービレッジ、もしくは南海バス海遊館下車すぐです。

その他、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンからシャトル船も出ています。

スポンサーリンク

海遊館の営業時間

営業時間は9時30分もしくは10時~20時
月によって違うのでご確認下さい。
最終入館は閉館の1時間前までです。

今年は休館日はないので、いつでも遊びに行けます。

毎日夕方5時からは夜の海遊館を開催しています。
BGMが変わり、幻想的な海遊館を楽しめます。
日中とは違った雰囲気の夜の海遊館もおすすめです。

スポンサーリンク

海遊館の入園料とお得なチケット

入館料は大人2300円(高校生、16歳以上)
子供1200円(小中学生)
幼児600円(4歳以上)
シニア2000円(60歳以上)

観覧車や船などとセットになったお得なセット券も販売されています。
ローソン、ファミリーマート、セブンイレブン、ミニストップでは、割引特典付きのチケットも販売されています。

遊びに行かれる際は、是非チェックしてみてくださいね♪

スポンサーリンク

海遊館は小さなお子様連れでも安心!

ベビーキープ付きのトイレ、おむつ替えシート、ベビー休憩室、授乳室があります。
調乳用のお湯も用意してくれます。

エレベーターがあるので、ベビーカーでも移動できますが、
混雑時はベビーカーと他のお客さんとの衝突も心配です。
またベビーカーの低い位置からでは生き物がよく見えない場合があるので抱っこ紐がオススメです。

サービスカウンターでは無料でベビーカーを預かってくれます。

スポンサーリンク

海遊館のおすすめポイント!

海遊館といえばジンベエザメ!
優雅に泳いでいる姿はいつみても圧巻です。餌やりの時間も外せません。

その他にも、サメとエイに直接触れられる体験型の水槽や、ペンギンをすぐ近くで見ることができるエリアもおすすめです。

子供たちも怖がりながらですが、サメやエイに触れ、その感触に驚いていました。
ちなみに我が家の子供達に1番人気があったのは、私はかなり苦手なダイオウグソクムシでした^^;

また海遊館の近くには、天保山大観覧車や、大型ショッピングモールもあります。
お食事には大阪名物がたくさん揃った「なにわ食いしんぼ横丁」。
サンタマリア号などの船もあり、1日遊べておすすめです。

 

スポンサーリンク
きになること
スポンサーリンク
haruをフォローする
スポンサーリンク
キニナルを調査中!/コソダテの神様

コメント