エリエールマスクはいつから販売?購入方法や販売店はどこ?

きになること

大手製紙メーカーの大王製紙がマスクの国内生産を開始することを発表しました。

栃木県の紙おむつ工場で今月末からマスクを生産し、夏には一般の家庭向けにも販売を始めるということですが、購入方法や販売店はどこになるのでしょうか。

今回は『エリエールマスクはいつから販売?購入方法や販売店はどこ?』ということで、4月下旬からエリエールで国内生産されるマスクがいつから販売開始になるのか、また購入方法や販売店についてまとめます。

 

スポンサーリンク

エリエールマスクはいつから販売開始?

大王製紙が国内生産するエリエールマスク、いつから販売開始になるのでしょうか。

大手製紙会社、エリエールブランドなら着け心地もよさそうですし、安心して使用できるので嬉しいですね。

エリエールではまず月400万枚を生産し、感染対策のために大量のマスクを必要としている医療機関や高齢者福祉施設等などに優先して供給していくそうです。

その後、生産量を増やし一般家庭向けにも販売する見込みということですが、一般販売はいつ頃になるのでしょうか。

大王製紙のエリエールマスクが一般家庭向けに販売されるのはおそらく6月中旬から下旬ぐらいになるのではないでしょうか。

最優先に医療機関などのマスクが不足している施設に届けるのが先なので、少し先になりそうですが、生産枚数も多いのでマスク不足が解消される日も近いかもしれませんね。

スポンサーリンク

エリエールマスクの購入方法や販売店はどこ?

大王製紙の国内生産エリエールマスクはどこで買えるのでしょうか。

国内生産のエリエールのマスクの購入方法や販売店についてはまだわかっていませんが、全国のドラッグストアや大手コンビニ、ホームセンターなどでも販売されるかもしれませんね。

またエリエールでは公式オンラインサイトでマスクの販売も行っていますので、国内生産のマスクについても公式オンラインショップで販売される可能性が高そうです。

シャープマスクやアイリスオーヤママスクなどがネットで販売されたらサーバーが繋がらなくなり、シャープでは販売方法が抽選になってしまいましたが、大王製紙のエリエールマスクの販売枚数はシャープマスクと比べても販売されるマスクの量が多いので、シャープマスクやアイリスオーヤママスクのようにサーバーダウンということにならなければ良いのですが。

 

大王製紙のエリエールマスクが国内生産するというニュースが発表されてから、ネットやSNS上ではかなり話題になっています。

大王製紙のエリエールマスクのブランド力なら安心ですし、購入しやすい価格だと嬉しいですが、少し高めの価格でも欲しいという人は多いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

エリエールマスクの国内自社生産開始

大手製紙メーカーの大王製紙は栃木県の紙おむつ工場で今月末からマスクを生産し、夏には一般の家庭向けにも販売を始めることにしています。

エリエールブランドを展開する大王製紙株式会社は、従来から不織布マスク(「エリエール ハイパーブロックマスク」「エリエール +Water (プラス ウォーター)うるごこちマスク」)を海外協力工場にて生産し、販売していました。
しかし新型コロナウィルス感染症の拡大によって、日本国内におけるマスク不足の状況を踏まえ、安定的な供給に少しでも貢献するためマスクの国内生産を4月末より開始するそうです。

スポンサーリンク

ネット通販でのマスクの販売状況

大王製紙のマスクは以前より中国生産のマスクをエリエール公式オンライン、アマゾン、楽天市場などで販売をしています。
しかし、いずれも品薄状態で購入するのが難しい状態ですね。

最近になり中国からのマスクが大量に日本に輸入されだしていますが、それでもまだ一般の家庭にはなかなか行き渡らないのが現状のようです。

価格も依然として高く、50枚入りの使い捨てマスクが3千円以上と、購入しずらい状況です。

ネットでは毎日マスクが入荷し、以前よりは購入しやすくなっています。

スポンサーリンク

ネットの反応

コメント