【動画】台風19号から数日後の土石流に注意【西日本豪雨での府中町榎川氾濫】

スポンサーリンク
ニュース

2019年10月12日、関東に上陸した台風19号により、川の氾濫や冠水、停電など各地で被害が広がっています。

台風も去り、様々な被害状況が明らかとなっていますが、まだ安心はできないようです。

昨年の西日本豪雨では雨がやんだ3日後、土石流による被害が出たということです。

今回の台風19号でも、記録的な大雨により、川の氾濫や冠水などの被害が各地で確認されていますが、地盤の緩んでいるところも多く、土石流による被害が出る可能性があるということです。

今回は『台風19号から数日後の土石流に注意【西日本豪雨での府中町榎川氾濫】』ということで、西日本豪雨での土石流の動画や被害状況、当時のニュース映像などをご紹介します。

 

スポンサーリンク

西日本豪雨での『府中町榎川氾濫』ニュース映像

西日本豪雨から3日後、晴天の中、土石流による氾濫が起きたということです。
氾濫前から川の水位は高く流れも速かったようですが、急に流木などが流れ、橋のところに流木、土砂などで川がせき止められた結果氾濫したということです。

スポンサーリンク

西日本豪雨での『府中町榎川氾濫』

西日本豪雨は2018年6月28日から7月8日にかけての集中豪雨で、台風7号、また梅雨前線等の影響による集中豪雨でした。
西日本を中心に北海道や中部地方を含む全国的に広い範囲で大雨が降り、各地で被害がひろがりました。

府中町榎川氾濫直前の様子

府中町榎川氾濫直後の様子

府中町榎川氾濫その後

府中町榎川氾濫での川の水位

府中町榎川氾濫から数時間後

スポンサーリンク

【動画】台風19号から数日後の土石流に注意【西日本豪雨での府中町榎川氾濫】まとめ

台風19号の被害が明らかになる中、さらなる被害が心配されています。
台風19号では記録的な大雨が観測されましたが、同じく記録的な集中豪雨が起きた西日本豪雨。

雨が止んだ3日後、土石流により被害が拡大しました。
台風19号が去った今、各地の被害に目が向けられていますが、もうしばらく警戒が必要なようです。

 

コメント