天皇即位式典に穴場は不要?立見席6万人用意!420インチの特大モニター設置も!【嵐】

スポンサーリンク
きになること

2019年11月9日の国民祭典、天皇陛下の即位を祝う「天皇即位式典」に人気アイドルグループの「嵐」が奉祝曲を披露することが正式に発表されました。

11月9日といえば、嵐はコンサートのなか日。
今回の天皇即位式典での嵐のパフォーマンスはジャニーズ事務所元社長のジャニー喜多川さんの生前から進められていた話だ、とも言われています。

嵐の活動休止も近いことから、多くのファンが駆けつけることが予想されています。
TVで穴場スポットが紹介されて話題になっていましたね。

一般公募枠は1万人とかなりの狭き門ですが、入れなかった方の為に、大型モニターを用意する計画があるようです。

今回は『天皇即位式典に穴場は不要?立見席6万人用意!420インチの特大モニター設置も!』ということで、遠く離れた穴場スポットよりも、音も聞こえてより近くで観覧できる立見席と特大モニターの置かれる場所、立見席の数、特大モニターの個数や大きさなどについて調べます!

 

スポンサーリンク

天皇即位式典での立見席の場所と席数は?

2019年11月9日の国民祭典、天皇陛下の即位を祝う「天皇即位式典」に人気アイドルグループの「嵐」が奉祝曲を披露することが正式に発表されました。

一般公募枠は1万人で無料で観覧することができますが、かなりの倍率が予想されます。

またファンクラブ会員が250万人とも言われる嵐のファン、公募に外れ観覧できない方が多く、穴場スポットを探されている方も多いかと思います。

今回の天皇即位式典では、そんな嵐ファンの為にも立見席が用意されるということです。
立見席の数は6万人分!

それでも足りないと思われますが、その他にもパレードの道路を開放し10万人に対応できるように検討されているということです。

また立見席の場所は現在のところはっきりしていません。

スポンサーリンク

天皇即位式典の立見席から嵐はどう見える?

天皇即位式典の一般公募に当選できなかった場合、立見席からでも観覧したいですよね。

立見席から直接嵐を見ることができるかはわかっていません。
ただ、特大モニターが用意される予定なので、音も映像も臨場感も全て楽しむことができるかと思います。

前例通りであれば、二重橋に天皇皇后両陛下、皇居前広場側の正門石橋付近に特設舞台が設置されることになります。

今回用意される特大モニターは、ステージのすぐ横に設置される予定だそうで、立見席を含め会場の全員が式典の様子を見ることができるということです。

また一般公募で当選された方の席からは嵐の後側から見ることになります。

スポンサーリンク

天皇即位式典で用意される特大モニターが置かれる場所、大きさ、数は?

天皇即位式典で用意される特大モニターは420インチ(横幅 約9m弱)。

特設ステージ付近と、観客席前、立見席サイド、日比谷公園野外ステージなどに設置予定とのことです。

何台設置されるかは、まだはっきりしていませんが、立見席を含め、来場者が観覧できるように設置されると思われます。

 

コメント