小田原市のAmazon倉庫でコロナ感染者?荷物から感染する可能性は?

スポンサーリンク
きになること

神奈川県小田原市のAmazon物流倉庫で新型コロナウイルスの感染者が出たとSNSで話題になっています。

従業員や関係者の方からのツイートが多数投稿されていましたが、報道の通り事実であることがわかりました。

今回は『小田原市のAmazon倉庫でコロナ感染者?荷物から感染する可能性は?』ということで、Twitterで拡散されていた小田原市のAmazon倉庫従業員の新型コロナウイルス感染について、また荷物から感染する可能性はあるのか?についてまとめます。

スポンサーリンク

追記:神奈川県小田原のAmazon物流センター従業員、新型コロナの感染を確認

小田原市にあるAmazonの物流倉庫で、新型コロナの感染者が出たとTwitter上で拡散されいましたが、ようやく報道されました。

報道によると、3月24日、神奈川県小田原市にあるAmazonの物流センターに勤務する男性従業員の感染を確認。

 

感染が確認された3月24日の夕方から物流センターを一時的に休止、消毒などをした上で、現在は、施設を再開させているということです。

神奈川県の物流拠点「小田原フルフィルメントセンター」はAmazonの中でも国内最大規模の20万平方メートルの広さの物流拠点ということで、従業員数もかなりの数になるか思います。

現時点(3月25日18時)では従業員の検査は行われていません。

Amazonは「保健所などと密に協力しながら利用者へのサービスを継続していく」ということです。

スポンサーリンク

感染が確認されたAmazon小田原配送センター従業員まとめ

3月24日、新型コロナウイルスに感染していることが分かったAmazon小田原配送センター勤務の男性についてまとめます。

男性従業員について

  • 名前:不明
  • 年齢:40代
  • 性別:男性
  • 居住地:神奈川県平塚保健福祉事務所管内(平塚市、秦野市、伊勢原市、大磯町、二宮町)
  • 職業:会社員

症状・経過

  • 3月22日 体温38度、咽頭痛
  • 3月23日 体温38度、咽頭痛にて救急要請し県内医療機関受診。PCR検査の結果陽性確認
  • 3月24日 県内医療機関に入院。

現在症状は落ち着いており、軽度の咳のみとだということです。

行動歴

  • 3月10日~19日 ボリビア渡航
  • 21日夜~翌朝まで勤務、翌23日陽性判明

男性の行動歴については現在調査中ということです。

スポンサーリンク

Amazon小田原市の倉庫でコロナ感染者が出たのは本当?

Twitter上では小田原のAmazon倉庫勤務する従業員が新型コロナウイルスに感染しているというツイートが溢れています。

現時点(3月25日14時)ではAmazonによる公式な発表はありません。

とはいえ、小田原市のAmazon倉庫でコロナに感染また、その後の対応や業務についての投稿がかなり多く、たくさんの方が拡散されていることから事実である可能性が高いように思いました。

中には、従業員やそのご家族の方のツイート、ツイートがAmazonに削除されているため拡散を希望する声も上がっていました。

スポンサーリンク

Amazon小田原倉庫に関するツイートまとめ

投稿数がかなり多く、情報も多かったのでAmazon小田原倉庫に関するツイートの内容をまとめます。

感染者が出たのはいつ?

3月24日 小田原市Amazon倉庫従業員の新型コロナウイルス感染を確認
     夜勤は急遽中止、消毒作業
3月25日 通常業務

Amazon側の対応は?

・感染確認後、従業員に帰宅指示
・当日の夜勤急遽中止
・消毒作業
・翌25日より通常業務
・Amazonの納品業者によるとコロナ感染者がでた通達がきた
・従業員の検査は行われいない
・小田原事業所は従業員に口外しないよう強制する
また、感染が確認された方や感染が疑われる方が触れた荷物はすでに出荷済みだということです。
スポンサーリンク

荷物から感染する可能性は?

小田原市Amazon物流倉庫に勤務されている方の新型コロナウイルス感染、またその後のAmazonの対応についてTwitterでは様々な声が上がっています。

感染者や感染が疑われる方が触れた荷物はすでに出荷されているということで、Amazon小田原FCから荷物が配送される方は不安かと思います。

また同じ倉庫で勤務されていた従業員の検査も行われていないということなので、今後Amazonの利用を不安に思う方もいらっしゃいました。

新型コロナウイルスが付着した荷物から感染することはあるのでしょうか。

また感染する可能性のある期間はどの程度なのでしょうか。

 

アメリカ国立衛生研究所管轄のラボラトリーでの実験結果によると、新型コロナウイルスの最長の生存時間は、段ボールでは24時間、プラスチックやステンレスの表面では72時間だということです。

しかし、新型コロナウイルスの生存期間については、見解が分かれており、段ボールでは72時間、プラスチック、ステンレスでは更に長い期間生存しているとも言われています。

配送業者の感染の可能性も考え、届いた荷物を開封した後は手洗い、商品は消毒するのが安心かもしれません。

スポンサーリンク

ネットの反応

スポンサーリンク
きになること
スポンサーリンク
haruをフォローする
スポンサーリンク
キニナルを調査中!/コソダテの神様

コメント